新築一戸建て住宅の不動産取得税とは

土地や家屋を取得したときに納める税金を不動産取得税といいます。税率は土地・家屋に課税標準額の3%住宅用以外の家屋に4%だそうです。この課税標準額は不動産の価格であって建築費用や購入価格とは異なります。新築一戸建て住宅の購入計画をすすめていくうえで住みたい地域が決まったら交通や立地、地価相場や生活環境を調べてみましょう。学校・学童保育・福祉施設・行政サービスなどに関しては自治体のHPも参考になります。そして住宅ローンや税金などの資金対策をたてていくのが良いかと思います。

我が家も最近では住宅の購入について話をすることが多くなってきました。子供がもうじき3歳になり、幼稚園に入園するので転園や転校をさせたくないので、この先他県に引越しをするという選択肢がなくなったためです。住宅の購入を考え始めてからいろいろと勉強をし始めたのですが、不動産を購入した際に様々な税金が掛かってくることを知り、とてもびっくりしました。中でもこの不動産取得税というものはまったくもって不可解としか言い様がない税金です。不動産を購入するのになぜ取得税を払わなければならないのか・・理解に苦しむのはわたしだけでしょうか。

不動産を取得した際、それが個人でも法人でも不動産取得税を支払う義務が発生します。念願のマイホームを建てた、新しくマンションを購入したなど住宅を手に入れたという場合でもこの条件が適応され、取得税の支払いが必要になります。例外的なものとしては相続した場合が挙げられますが、これは非常にまれなケースですから、基本的には発生すると考えておいて良いということができます。因みに取得したとみなされるのは売買に留まらず、先に述べた新築する行為、増築に関してもこれをあてはめることができるほか、交換や贈与など金銭のやり取りが発生していない場合でも取得とみなされ課税対象となります。しかしながら特例が適応される場合があり。これは新築と中古の場合でその率や条件が異なるのです。まず新築の場合には床面積の大きさによって税率が判定されます。貸家住宅の場合は40平方メートル以上それ以外は50平方メートル以上の場合、1200万円の減税対象となります。

葛飾区 新築一戸建て 1007

Copyright ©All rights reserved.新築一戸建て住宅の不動産取得税とは.